1. 物理柵と心理柵

    「シカにゲンコツ」は心理柵

    野生鳥獣額対策に使う防護柵は大きく二つに分類される、一つは、金網やワイヤーメッシュなどを使い、強度により害獣の侵入を阻止する物理柵であり、もう一つは心理柵である。心理柵の代表は、接触したとき電気ショックを与える (more…)

    2013年7月22日 by ぽこた

  2. 倒された防護柵:野生鳥獣被害対策

    シカが倒して通過したネット柵

    道路側から畑に侵入し山に抜けた。足跡のある箇所からの侵入を止めようとしたネット柵を突破したもの。
    隣の沢では前の年の夏に雄シカがネット柵に絡まった。
    (more…)

    2013年7月19日 by ひょんた

  3. 追い払い:野生鳥獣被害対策

    追い払い

    被害を与える鳥獣が現れたとき、追い払って被害を回避する。
    追い払いは、ケモノではサルに対して行われることが多く、花火、エアソフトガン、スリングショット(パチンコ)などを使う方法が一般的である。

    捕獲したサルにテレメトリーを装着して再び群れに戻し、サルの群れの動きを確認しながら先回りして、圃場に近づく群れに対して追い払いを行う例が多い。テレメトリーを使わない場合は、サルの群れが出現した地域からの連絡を受け、市町村の担当者が装備を持って駆けつけ追い払う方法となる。
    (more…)

    2013年7月16日 by ぽこた

  4. 個体数調整:野生鳥獣被害対策

    solution3-1

    by ぽこた

  5. 防護柵:野生鳥獣被害対策

    solution3-2

    防護柵・防護ネット

    野生鳥獣額対策の防護柵は、簡便なネットを使ったネット柵をはじめ、イノシシ向けのトタン板柵、ワイヤーメッシュ柵、金網フェンス柵、電気柵(電気牧柵)などさまざまある。イノシシ、シカ用の防護柵は地面に接して設置するが、サルは柵をよじ上ったり飛び越えたりするため、電気柵の併設が必要となる。
    (more…)

    2013年7月11日 by ぽこた

  6. 野生鳥獣被害対策の基本

    野生鳥獣被害対策の基本は、3つ

    野生鳥獣被害対策の基本は、どの市町村でも変わらない
    すわなち、「個体数調整」、「防護柵」、「追い払い」である。地形や生活形態により、その割合がかわる。

    個体数調整

    「個体数調整」は、対象の野生鳥獣を「有害鳥獣」として捕獲または駆除を行う。捕獲、駆除は、装薬銃によるものと罠によるものがある。県が、市町村に目標頭数を示し、対象の鳥獣を猟ることも多い。
    (more…)

    2013年7月9日 by ぽこた