追い払いの実際(3)

慌てて逃げるシカは、ウサイン・ボルトより早い

夜中の11時前に現れた若いシカである。
ぶらぶらしながら通り過ぎる途中で、「シカにゲンコツ」の糸に触れたようだ。
どのように「シカにゲンコツ」の糸に触ったのかよくわからないが、糸は切れていなかった。

撮影動画のコマから換算すると、「シカにゲンコツ」が鳴ったあとフレームの外にでるまで、およそ0.3秒ほどである。

フレームの外に出た後、畑のふちに向かって走り、さらに約20mほど離れた土手の脇を駆け抜けていく姿が残っている。約40mを3秒ほどで走っていると思われる。

仕掛けてあったのは競技用紙雷管。
「シカにゲンコツ」にエクステンションをつけ、左右に3mほど釣り糸の道糸2号を張っていた。

.

2013年7月30日 by ひょんた